【平松日記】
50 件ずつ表示します。 件数変更 [50] [100] [500]


55701/03 16:52 2016年の終わりに
今年もいろんな人が亡くなったけど、私にとって何より重要だった訃報は富田勲の死だった。富田勲流ドビュッシーの解釈をピアノで再現しようと打ち込んでた小6の夏。
誰かと一緒に仕事させてくれる夢を叶えてくれる企画が万が一与えられたとしても、間違いなく蜷川幸雄じゃなく富田勲を選んだろう。
https://www.youtube.com/watch?v=iESiHLulOms

55612/11 11:45文字化けしてたので再掲します 上映します☆
12月29日(木)に、駒澤大学駅近くのライブスペースで、以前平松が追っかけたドキュメンタリー映画が上映されます。
何を追っかけたかといいますと、かつて死刑宣告を受けたトミー・トランティーノというアメリカ人で、『Lock the Lock』という詩が面白くてアメリカまで撮影に出かけていき、トミー周辺のアーティストの話も織り交ぜた映像作品です。
当日は、60分の本作品以外に、撮影で参加いただいた佐々木誠監督の短編上映もあります。
軽食もご用意してお待ちしております。
☆☆☆
平松れい子 meets 佐々木誠『JOURNEY to LOCK THE LOCK』

 ウディアレン、ジョンレノン、アレンギンズバーグが支え続けた伝説の死刑囚画家<トミー・トランティーノ>を描いた唯一のドキュメンタリー『JOURNEY to LOCK THE LOCK(ジャーニートゥロック・ザ・ロック)』、奇跡の再上映!平松れい子(監督)×佐々木誠(撮影)がトミー・トランティーノを追い求め、 東京〜ニューヨーク〜フィラデルフィア〜ニュージャージーをめぐる11000kmの旅の記録。
 そして!併映作品として、佐々木誠の幻の短編映画『What's Up Tiger』(マーク・コーディ名義)を世界初上映!

日時:12月29日(木) 18:00 開場 / 19:00 上映
トーク登壇:平松れい子(舞台演出家)、佐々木誠(映画監督)
会場:東京・世田谷「M's Cantina (エムズ・カンティーナ)」
   世田谷区 上馬4-4-8 新町駒沢ビル 2F
   (東急田園都市線・駒沢大学駅徒歩1分)
料金:2,500円 (自由席・1ドリンク+軽食付)
ご予約&お問合せ:「M's Cantina (エムズ・カンティーナ)」03-6805-5077(tel&fax)
ご予約フォーム(PC&スマホ): https://ws.formzu.net/fgen/S13353355/
主催:moment / Ms. NO TONE(ミズノオト)

☆☆☆
作品情報:
『JOURNEY to LOCK THE LOCK (ジャーニートゥロック・ザ・ロック)』
(2003年/DVCAM/60min/カラー)

舞台演出家の<平松れい子>が、以前より交流のあるアメリカ人アーティスト<トミー・トランティーノ>に会いに行き「彼のスピリットに触れる旅を撮る」というドキュメンタリー作品。アメリカ人アーティスト、トミー・トランティーノ。ジャックケルアックやバロウズと並びカウンターカルチャー世代のアーティストであり、また、警官殺しの罪で40年間投獄され、2002年ようやく仮釈放されたという特異な経歴を持つ。一端は死刑の宣告をうけながらも無罪を主張し続け、CBSの討論番組'60 minutes'でも取りあげられるほど、彼の拘禁は社会問題にもなった。刑務所での彼は、詩や絵を描き続け、それが、本「LOCK THE LOCK」になり、アメリカで出版されている。これは、そんな彼の創造力やエネルギー・リズム・アーティスツスピリットの生の記録である。

●キャスト●
 トミー・トランティーノ
 アーヴィング・ステットナー
 平松 れい子
 
●スタッフ●
 製作総指揮・・・・・・・・寺澤 祐貴(moment)
 プロデューサー・・・・・・伊藤 正治、星野 東三男
 監督・撮影・・・・・・・・平松 れい子
 撮影(USA)・監督助手・・・佐々木 誠
 撮影(JAPAN) ・・・・・・千葉 晃嗣
 音楽・・・・・・・・・・・長田 進(ギター)、里村 美和(パーカッション)、西本 明(キーボード)
 音楽録音・・・・・・・・・大塩 浩二、杉田 知之
 音楽制作協力・・・・・・・荒木 正博、斉藤 祐亮
 題字・・・・・・・・・・・トミー・トランティーノ
 編集・オペレーション・・・宮崎 幸司
 制作/進行・・・・・・・・櫻井 健作

☆☆☆
『What's Up Tiger』
(2003年/DVCAM/20min/カラー) ※インターナショナル版(解説付)

世界中を旅しているオランダ人スポーツ・ジャーナリスト、マーク・コーディ。旅のかたわらその国々のスポーツを観戦し、映像に収めて編集し国の友人や家族に紹介するための個人的なシリーズ「Mark`sTravelDiary Watching Games in the World」を制作している。NYでヤンキースの試合を観戦した彼は、ゴジラ松井秀喜に興味を覚える。その夜たまたまTVで放送していた大阪を舞台にしたマイケル・ダグラス主演「ブラックレイン」を観た彼は、大阪に行くことにする。そこで彼がみたものは・・・。

●スタッフ●
製作総指揮・・・・寺澤 祐貴(moment)
監督・・・・・・・マーク・コーディ
監修・・・・・・・佐々木 誠
制作協力・・・・・宮崎 幸司、櫻井 健作、渡辺 潤、松田 眞樹
翻訳・・・・・・・高田 祥子、平松 れい子
協力・・・・・・・光岡邦晴、佐々木保人、佐々木育子、宮下昇、マーク・ウェスリング
音楽・・・・・・・斎木 琢磨
MA・・・・・・・Pre Stage 


55512/11 11:39 上映します☆
12月29日(木)に、駒澤大学駅近くのライブスペースで、以前平松が追っかけたドキュメンタリー映画が上映されます。
何を追っかけたかといいますと、かつて死刑宣告を受けたトミー・トランティーノというアメリカ人で、『Lock the Lock』という詩が面白くてアメリカまで撮影に出かけていき、トミー周辺のアーティストの話も織り交ぜた映像作品です。
当日は、60分の本作品以外に、撮影で参加いただいた佐々木誠監督の短編上映もあります。
軽食もご用意してお待ちしております。
☆☆☆
平松れい子 meets 佐々木誠『JOURNEY to LOCK THE LOCK』

 ウディ•アレン、ジョン•レノン、アレン•ギンズバーグが支え続けた伝説の死刑囚画家<トミー•トランティーノ>を描いた唯一のドキュメンタリー『JOURNEY to LOCK THE LOCK(ジャーニー•トゥ•ロック•ザ•ロック)』、奇跡の再上映!平松れい子(監督)×佐々木誠(撮影)がトミー・トランティーノを追い求め、 東京〜ニューヨーク〜フィラデルフィア〜ニュージャージーをめぐる11000kmの旅の記録。
 そして!併映作品として、佐々木誠の幻の短編映画『What's Up Tiger』(マーク・コーディ名義)を世界初上映!

日時:12月29日(木) 18:00 開場 / 19:00 上映
トーク登壇:平松れい子(舞台演出家)、佐々木誠(映画監督)
会場:東京・世田谷「M's Cantina (エムズ・カンティーナ)」
   世田谷区 上馬4-4-8 新町駒沢ビル 2F
   (東急田園都市線・駒沢大学駅徒歩1分)
料金:2,500円 (自由席・1ドリンク+軽食付)
ご予約&お問合せ:「M's Cantina (エムズ・カンティーナ)」03-6805-5077(tel&fax)
ご予約フォーム(PC&スマホ): https://ws.formzu.net/fgen/S13353355/
主催:moment / Ms. NO TONE(ミズノオト)

☆☆☆
作品情報:
『JOURNEY to LOCK THE LOCK (ジャーニー•トゥ•ロック•ザ•ロック)』
(2003年/DVCAM/60min/カラー)

舞台演出家の<平松れい子>が、以前より交流のあるアメリカ人アーティスト<トミー・トランティーノ>に会いに行き「彼のスピリットに触れる旅を撮る」というドキュメンタリー作品。アメリカ人アーティスト、トミー・トランティーノ。ジャックケルアックやバロウズと並びカウンターカルチャー世代のアーティストであり、また、警官殺しの罪で40年間投獄され、2002年ようやく仮釈放されたという特異な経歴を持つ。一端は死刑の宣告をうけながらも無罪を主張し続け、CBSの討論番組'60 minutes'でも取りあげられるほど、彼の拘禁は社会問題にもなった。刑務所での彼は、詩や絵を描き続け、それが、本「LOCK THE LOCK」になり、アメリカで出版されている。これは、そんな彼の創造力やエネルギー・リズム・アーティスツ•スピリットの生の記録である。

●キャスト●
 トミー・トランティーノ
 アーヴィング・ステットナー
 平松 れい子
 
●スタッフ●
 製作総指揮・・・・・・・・寺澤 祐貴(moment)
 プロデューサー・・・・・・伊藤 正治、星野 東三男
 監督・撮影・・・・・・・・平松 れい子
 撮影(USA)・監督助手・・・佐々木 誠
 撮影(JAPAN) ・・・・・・千葉 晃嗣
 音楽・・・・・・・・・・・長田 進(ギター)、里村 美和(パーカッション)、西本 明(キーボード)
 音楽録音・・・・・・・・・大塩 浩二、杉田 知之
 音楽制作協力・・・・・・・荒木 正博、斉藤 祐亮
 題字・・・・・・・・・・・トミー・トランティーノ
 編集・オペレーション・・・宮崎 幸司
 制作/進行・・・・・・・・櫻井 健作

☆☆☆
『What's Up Tiger』
(2003年/DVCAM/20min/カラー) ※インターナショナル版(解説付)

世界中を旅しているオランダ人スポーツ・ジャーナリスト、マーク・コーディ。旅のかたわらその国々のスポーツを観戦し、映像に収めて編集し国の友人や家族に紹介するための個人的なシリーズ「Mark`sTravelDiary Watching Games in the World」を制作している。NYでヤンキースの試合を観戦した彼は、ゴジラ松井秀喜に興味を覚える。その夜たまたまTVで放送していた大阪を舞台にしたマイケル・ダグラス主演「ブラックレイン」を観た彼は、大阪に行くことにする。そこで彼がみたものは・・・。

●スタッフ●
製作総指揮・・・・寺澤 祐貴(moment)
監督・・・・・・・マーク・コーディ
監修・・・・・・・佐々木 誠
制作協力・・・・・宮崎 幸司、櫻井 健作、渡辺 潤、松田 眞樹
翻訳・・・・・・・高田 祥子、平松 れい子
協力・・・・・・・光岡邦晴、佐々木保人、佐々木育子、宮下昇、マーク・ウェスリング
音楽・・・・・・・斎木 琢磨
MA・・・・・・・Pre Stage 


55412/02 21:15 過去の脚本・演出作品など。
自分(ミズノオト)で制作した作品じゃなく、演出だけとか脚本だけとかで呼ばれたのもウェブに載せよとのお言葉を知人よりいただきましたので、以下あげておきます。

三鷹の天命反転住宅で上演した『変形アフタヌーンティー』脚本・演出。
http://dance-media.com/gazaa/pg51.html

手話朗読劇『ヴァギナモノローグス』演出。
http://www.sapazn.jp/tvm.html

55312/20 22:26 絶対嗅覚
脚本で香料の話をしたためてたところ、どうも実際に香料をどのように合成したり調合したりするのかが、本や資料を読んでも掴みきれない。
諦めかけていたところ、駅までの道すがらに香料会社を発見。
教えてくれないかな〜? と平日の昼間にインターホン押してみました。
「あの〜私、そこのセブンイレブンの向かいに住んでるんですけど、脚本を書いていて、記憶をなくしちゃった主人公が、なんとか記憶を取り戻そうとして、匂いを突き止めていく話で〜それでその主人公が、香料会社で働き始めるんですけど、で調合の様子が出てくるシーンを書いていて、ちょっとお話を聞かせていただけませんか〜?」
みたいなことを一気にインターホンごしに喋りまくったら、素敵な女の人が出てきたよ。
聞けばその方、フレーバーの調合師さん。
ご近所のよしみでお話を聞いてくれることになりました。やったー。
会社の玄関から漂うあま〜い匂い。
「うちは家族でやってるので、大手の香料メーカーとは違いますけど」
と言いながら、ビーカーに入ったいろ〜んな香料を出してきて嗅がせてくれました。
オレンジ、バナナ、マンゴーなどと書かれているビーカーの蓋を開けて嗅いでみると、甘くておいしい匂い。
「このスパチュラでこうして、調合して…」
「スパチュラ…」
「耳かきみたいでしょ、実際耳かきとして私なんか使っちゃってますけど」
「ぇ?!」
「私は調合の才能がなくて」
「そうなんですか?」
「弟はすごい才能があるんですよ」
「何が違うんでしょう?」
「フレーバリストは料理のうまさとも関係しているんじゃないかな。レストランで食べたものを、自分でも再現できる能力というか」
「なるほど」
知れば知るほど面白い、香料の世界。
「弟は何かの匂いを嗅ぐと、すぐに化学式とか何と何を合成すれば、その匂いが出来るかが即座に浮かぶ。絶対嗅覚とでも言うんですかね」
絶対嗅覚…何かのタイトルにしたい言葉をいただきました。

55201/17 12:40 はなしことばの認知学
夜中に、窓の外で大声で電話している声が聞こえてきて、で、仕事の話をしてるみたいなんですけど、何かと、
「やっぱり○○さんは上が見えてないから、やっぱり課長との距離感が、やっぱりちょっと、ええ、そうですね"やっぱり"…」
と、もう、”やっぱり”の連発なわけです。
それ以来、会話の中にやっぱりという言葉を連発する人に薄さ浅さを感じていたところ。
ひょんなことから、「はなしことばの言語認知学カンファレンス」というのに参加してきました。
はなしことばを収集して、それを書き起こしたものを、あーだこーだと研究者同志ディスカッションするのです。
はなしことばは自然な会話なので、言葉以外に重要となってくるのが、
「言いよどみ」、「呼気」、「吸気」、「行き混じりの発話」、「強調された発話」、「声の小さい発話」、「早口」、「ゆっくり」、「引用的な声質」、「演技的な声質」、「オーパーラップ」、「笑いの混じった発話」、などなど、重要な分析事項となります。
これが、かなり、台本を考える上で参考になりました。

それで先ほどの"やっぱり"に戻るんですけど、やっぱり/やはり/やっぱ、の使い方も分析されていて、軌道修正したい時に使ったり、妥当な結論としたい時に使ったり、一般化による連鎖の連鎖だったり、みたいな意見が出てました。
夜中の電話の主は、仕事先のイザコザをなんとか一般化して妥当な結論を出したくて仕方のない状況にあったのかしら、などと分析。
安易に妥当な結論を出すのはやめようと思います。

55101/11 10:19 ダイナミック
バイトしてた頃の十数年前と変わらぬラインナップに辟易して遠のいていたBLUE NOTE 東京へ。
ゴンサロ・ルパルカバ見たさに行ったら、オープニングアクトで出演した、このジャズハープ奏者がたまりませんでした、playするときの身体の動きにも見惚れましたわ。
エドマール・カスタネーダ。
http://www.youtube.com/watch?v=npLRPuIdfzE

久々に感じたグルーヴ感。
バンドメンバーひとりひとり全く違う複雑怪奇なリズムなんだけど、全体で、あるひとつの強烈なグルーブが醸し出されている、この感じ。



55009/29 11:57 それがいいとか悪いとかではなく。
福島で被災した介護施設や障害者施設の職員が、どのように入所者を避難させたのか、という内容の番組をNHKでよくみるが、入所者をほっとけないから不眠不休で面倒をみた職員の人たちは、自分の家族と過ごす時間よりも、入所者のケアを優先していた、ってことを強調する場合が多い。
そうすると、思うんだが、この職員自身の家族がもし、介護施設や障害者施設に入ったら、そこの施設職員がケアをしてくれるのだろう、この国は。
見事な、社会主義国だなと思った。
海外ドラマ、とくにアメリカ製ドラマではよく、相手を自白させるために、その人の家族の安否を持ち出すと、「くっっ…妻に手を触れるな!」とかいって自白してしまうのだが、日本のドラマでそれは絶対通用しないと思う。
国営放送が、施設の職員は、家族よりも入所者のケアをする、ということを番組的に美化しているのだから。

54909/27 11:38 海外ドラマ『glee』のタブー
車いすの男子が、キレイなチアガールをデートに誘うシーン。
結局断られるのだけれど、そのチアガールの断り方がこうだ。
「私の二の腕が、あんたの歩けない細い足より太いって言われちゃう」というもの。(うろ覚え)辛辣だわーと思ってみているとさらに。
そのフラれた車いすの男子に言い寄って来るのは、ダウン症の女子。
このダウン症の役は本人もダウン症の女優さんが演じていて、車いすの男子をデートに誘うと断られる。断られたあと、「私がダウン症だから?」と独りごちる。彼女に手を差し伸べるのはレズビアンの(本人もレズビアン)スー先生。

タブーに触れずにいるとどんどんタブーになっていくけれど、ここまでこうして前向きにオープンにしていくことに心地よさを感じるし、だからこんなに多くの人に受けているのだろう。
日本でこんなドラマが観られる日は来るのでしょうか。
日本のバラエティに出ているオネエさんはあくまで『非日常』としての面白さとして演出されてるもの。フィクションとはいえ私たちの日常の中に、LGBTやハンディキャッパーたちの日常が辛辣に描かれたドラマを早く観たいわ。

54806/11 12:12 川名さんという人
20年前、アミューズが所有していたNYのアパートに滞在させてもらっていたときに、いろいろな人に出会ったうちの一人が川名康浩さんて人。NYの学校に通いながらアミューズNYの事務所で仕事をしていた。英語を聞き取るのに集中しなければならず、耳の奥がすごい疲れるというのを聞いて、当時NY移住のことが心の片隅にあった私はそうかそうだろうなぁ、どんだけ大変なんだろうと、リアルな言葉として聞いていたものだ。その川名さんが現在プロデュースをしているブロードウェイの作品『キンキーブーツ』がトニー賞を受賞したと、ニュース
http://www.nikkei.com/article/DGXNASDG1002L_Q3A610C1CR0000/
になっているのを聞き、私としては
「Of course he did it!」
とつぶやいたわけです。NYでやっていく決意のなかった私に対し、出来ないわけがないという心持ちと信念で朝昼は映画学校、昼は仕事、夜は英語学校という毎日を強いて送られていた川名さんなら、当然やるに決まっているわけです。
そしてそれと同じ時間を過ごしてきた今の自分はまったく何もしてこなかったに等しいと落ち込みながら、いや私としては英語や何かを習得する時間を費やすことで得られるスゴイもの、よりもその時間、微細な機微のあるスゴイ何かを考え語れる方を選んだのだと、自分を正当化してみたりと、完全にルーザー。
いづれにせよこのニュースには自分、励まされました。おめでとうございます!!と遠くから。

54704/25 15:49 ソファの見た目と実際
今日お邪魔した先の二人掛けソファは、見た目の硬さと実際の硬さが、完全に違っていて、座った途端体が90度横に転がるという事態に。見た目は硬度85度くらいかな、と思ってストンと座った途端実は硬度7度くらいしかなかったみたいな感じ。でも柔らかそうに見えていざ座ったらスゲー硬かった状態よりも、とても楽しい気分でした。

54603/25 20:45 演劇ジャンル化計画
演劇ジャンル化を、計画中。
演劇ジャンル化計画委員会。委員募集します。
今のとこ委員はわたくし一名。

音楽の"超絶なジャンルわけ"を見習って、演劇もジャンルわけしたらどうよ? 音楽好きな客増えない?
という趣旨です。

そもそもチェルフィッチュとか地点とか言って、観劇未経験者がちらし観てもわからないですよね。なので、わかりやすいジャンルで、ああ、「こういうジャンルの舞台を観てみたい」って気にさせて、演劇全体の観客を増やすという意図です!

で、ここで演劇人がしでかすジャンル名が、小難しくなるのもダメだと思います。音楽のジャンル名のように、かっこよくないと。軽薄だけど重要。

で、とりあえず音楽のジャンルに沿って当てはめ作成途中。
ひとりよがりなイメージによると…

地点はプログレッシブ・ハウス
東京デスロックはダブ・テクノ
マームとジプシーはシューゲーズ
ポツドールは、ポスト・ハードコア
ままごとはエモ
チェルフィッチュはオルタナティブ・ロック
サンプルはプログレッシブ・ロック
岡崎芸術座は、ブリット・ポップ
ロロは、インディーポップ
青年団は、インストルメンタル
黒テントは、ジャズ
維新派は、エレクトロニック
SCOTは、ギャングスタ・ラップ
劇団四季は、クラッシック
女性ボーカルは、野田地図

…と、かなり私心が入ってしまい、楽しくなってきました。
引き続き、考えていきたいと思います。
ご協力者求む!


54503/24 11:13 環境音楽BGM
静かすぎず、うるさすぎず。
長らく作業用の邪魔にならない音源とカフェ環境音を探していましたが、これでいけそうです。
http://www.coffitivity.com/
これまではユーチューブに落ちていた1時間のドトールでの環境音を使っていましたが、客の会話音が大阪弁で、それに気が散ってしまい、落ち着かない。たぶん津軽弁とかだとわからなすぎて気にならなかったかもしれないけれど、関東出身者には関西弁て、聞こえてきすぎなんですよね。ちょっとした"イントネーション"てのが環境音楽には重要なのだなぁ。


54402/21 17:50 ご意見
藤原ちから氏(プルサーマル・フジコ)が感想を寄せて下さってます。
ありがとうございます。
http://bricolaq.hatenablog.com/entry/2013/02/19/190752

54302/21 17:47 公演終了しました
9日間の公演、たくさんのお客様にご来場いただきました。ありがとうございました!
またたくさんのいい評価をいただき、とても励みになります。
また違った形で発表したいと思える上演作品となりました。
また今回はじめてミズノオトをご覧いただいた方も多かったようで、それも非常に良い経験となりました!
ありがとうございました!

54202/15 12:45 連日の上演。
連日の上演、多くの方にご来場いただいており、ありがとうございます。残すところミズノオト公演は、あと3日間となりました。お時間あればぜひいらしてください。本日と土曜日はまだお席の余裕があります。日曜日は満席!

『短い旅行記』短編2作品上演
2/9(土)〜17(日)に横浜・黄金町の「八番館」にて短編カップリング公演を行います。

新旧の建築が入り混じる港町/横浜・黄金町で、個室(ワンルーム)でのひとり暮らしが定着している日本の「住まい」について書いた、2つの短編『短い旅行記』(主催:AAPA/協力:黄金町エリアマネジメントセンター)を上演します。

■ミズノオト新作短編作品
『ウサギ小屋、あるいはそれが悪いのではなくあなたが混乱しているだけ』

作・演出 平松れい子
出演  竹本真紀、日下範子、平松れい子、モリィ・バーンズ

【会場】 (集合場所):「八番館」 (京急線黄金町駅徒歩3分、日ノ出町駅徒歩7分)
【開演日時】 (受付開始は開演15分前より / 上演時間は60分程度を予定)
2013年 2月9(土), 10(日)  17:30    【前売チケット購入(プレビュー)】
11(祝・月), 12(火), 13(水)  20:30   【前売チケット購入】
14(木), 15(金)  18:30   【前売チケット購入】
16(土), 17(日)  17:30   【前売チケット購入】
※ 本公演は自由席です。公演当日ご来場順に受付を行い入場していただきます。

【料金】前売一般: 2,000円 / 当日精算: 2,200円 (当日券は、前売チケット完売の場合を除き、会場受付にて当日精算の形で販売いたします。前売チケットの販売状況はこのページでお知らせいたします)
《各種割引》
・ 『プレビュー(2/9, 10)』 : 前売1,800円 (当日精算は 2,000円)
・ 『ご近所割引』 : 各料金から300円キャッシュバック
(黄金町エリアマネジメントセンター編集「まちづくりニュース(2013.2月号)」、または「TPAMパス(2013)」を当日受付にてご提示ください)
【チケット受付】 http://aapa.jp/archives/2001/01/01_0200.html
または、直接平松宛にメール(希望日・希望枚数・お名前・連絡先電話番号・メールアドレス)をいただいても大丈夫です。

※座席数が限られておりますので、お早めの予約をお願いいたします。前売予約は前日の21時締め切りとさせていただきます。

◆カップリング作品 『私のアイランド』
作・演出  上本竜平 (AAPA) 出演   石神夏希 (ペピン結構設計) 写真   菅原康太

54101/28 11:14 【再掲】ミズノオト次回公演のお知らせ
『短い旅行記』短編2作品上演
2/9(土)〜17(日)に横浜・黄金町の「八番館」にて全9回のカップリング公演を行います。

新旧の建築が入り混じる港町/横浜・黄金町で、個室(ワンルーム)でのひとり暮らしが定着している日本の「住まい」について書いた、2つの短編『短い旅行記』(主催:AAPA/協力:黄金町エリアマネジメントセンター)を上演します。

■ミズノオト新作短編作品
『ウサギ小屋、あるいはそれが悪いのではなくあなたが混乱しているだけ』

作・演出 平松れい子
出演  竹本真紀、日下範子、平松れい子、モリィ・バーンズ

【会場】 (集合場所):「八番館」 (京急線黄金町駅徒歩3分、日ノ出町駅徒歩7分)
【開演日時】 (受付開始は開演15分前より / 上演時間は60分程度を予定)
2013年 2月9(土), 10(日)  17:30    【前売チケット購入(プレビュー)】
11(祝・月), 12(火), 13(水)  20:30   【前売チケット購入】
14(木), 15(金)  18:30   【前売チケット購入】
16(土), 17(日)  17:30   【前売チケット購入】
※ 本公演は自由席です。公演当日ご来場順に受付を行い入場していただきます。

【料金】前売一般: 2,000円 / 当日精算: 2,200円 (当日券は、前売チケット完売の場合を除き、会場受付にて当日精算の形で販売いたします。前売チケットの販売状況はこのページでお知らせいたします)
《各種割引》
・ 『プレビュー(2/9, 10)』 : 前売1,800円 (当日精算は 2,000円)
・ 『ご近所割引』 : 各料金から300円キャッシュバック
(黄金町エリアマネジメントセンター編集「まちづくりニュース(2013.2月号)」、または「TPAMパス(2013)」を当日受付にてご提示ください)
【チケット受付】 http://aapa.jp/archives/2001/01/01_0200.html
または、直接平松宛にメール(希望日・希望枚数・お名前・連絡先電話番号・メールアドレス)をいただいても大丈夫です。

※座席数が限られておりますので、お早めの予約をお願いいたします。前売予約は前日の21時締め切りとさせていただきます。

◆カップリング作品 『私のアイランド』
作・演出  上本竜平 (AAPA) 出演   石神夏希 (ペピン結構設計) 写真   菅原康太

53901/25 11:51 1月31日(木)19:30〜開催のワークショップのお知らせ
【内容】与えられた制限のなかで、自由な発想を生み出す動き、ビューポイントのコンポジションほか
【場所】経堂南地区会館にて。東京都世田谷区経堂5-21-6 小田急線千歳船橋駅徒歩10分
【参加費】800円 

53801/14 23:02 この公演企画に参加します!
ミズノオトは2/9(土)〜17(日)にて横浜・黄金町の「八番館」(京急線黄金町駅徒歩3分、日ノ出町駅徒歩7分)で公演を行う、『短い旅行記』に参加します!
------------

『短い旅行記』 
(主催: AAPA / 協力: 黄金町エリアマネジメントセンター)

新旧の建築が入り混じる港町/横浜・黄金町で、個室(ワンルーム)でのひとり暮らしが定着している日本の「住まい」について書いた、2つの短編を上演します。

◆ 「私のアイランド」
 作・演出  上本竜平 (AAPA)
 出 演   石神夏希 (ペピン結構設計)
 写 真   菅原康太

◆ 「ウサギ小屋、あるいは悪いのはそれではなく、あなたが混乱しているだけ」
 作・演出  平松れい子 (ミズノオト)
 出 演   竹本真紀、日下範子、平松れい子、モリィ・バーンズ

▼ 会場 (集合場所)
「八番館」 (京急線黄金町駅徒歩3分、日ノ出町駅徒歩7分)


▼ 開演日時
(受付開始は開演15分前より / 上演時間は60分程度を予定)
2013年 2月
9(土), 10(日)  17:30    【チケット購入(プレビュー)】
11(祝・月), 12(火), 13(水)  20:30   【チケット購入】
14(木), 15(金)  18:30   【チケット購入】
16(土), 17(日)  17:30   【チケット購入】

▼ 料金
◆前売一般: 2,000円 / 当日精算: 2,200円
◆前売プレビュー(2/9, 10): 1,800円(プレビューの当日精算は 2,000円)
◆ご近所割引: 各料金から、300円キャッシュバック (⇒ 黄金町エリアマネジメントセンター編集「まちづくりニュース(2013.2月号)」、または「TPAMパス(2013)」を、当日受付でご提示ください)

▼ お問い合わせ
info@aapa.jp まで、メールにてご連絡ください。

53710/24 11:38 対話対話と言われる昨今。
平田オリザさんの対話理論でいうと、
演劇とは、内側の同じ価値観をもつ人同士の「会話」ではなく、違う価値観をもつ、外側の人が入ってきたときに初めて「対話」が起き、そこからドラマが生まれる。つまり外の人間がいなければドラマは起きない、と言っています。
しかしそうなると、ではマームとジプシーの藤田貴広さんの作品なんかだと、内側の人同士しか登場せぬまま成立させていると思うわけです。これは何だと。で、これは「ゴドーを待ちながら」の構造と同じで、来るであろう外側の人を待ち続けているという解釈になるのかな。
でもいない神とか内側の人の頭の中の想像人物が外側の人にもなりうるのか。。

53609/10 18:35 月一ワークショップ
↓曜日を間違えました!
9月12日(水) 19:00−21:45


53509/10 18:28 月一ワークショップ
『Viewpoints/ビューポイント』ワークショップ参加者募集 !
次回は9/12の19時〜です!
参加希望の方はお名前と連絡先と参加日を ms.notone(at)gmail.com までお知らせ下さい。

ビューポイントは時間と空間に対する意識を訓練するメソッドの1つです。ダンサーの訓練法から発展したものを演出家アン・ボガート(SITI Company)が俳優用にさらに発展させました。内面心理を作ることで考えがちな「演技」を、身体の感覚全てを使って外から考えようというのがその概要です。

【日程】
9月12日(日) 19:00−21:45

【参加費】  
1回 800円    

【参加対象】俳優、ダンサー、演出家、パフォーマー、振付家

【場所】  砧地区会館
東京都世田谷区砧8-2-21
公共交通機関
交通;小田急線祖師ヶ谷大蔵駅下車徒歩7分


53408/16 12:12 クラウドファンディングの可能性。
クラウドファンディングとは、ある志を持った人や団体に対する資金を、おもにネットを通じて多数の支援者から収集し実現する手法のことです。
クラウドファンディングの'クラウド'ってcloudじゃなくてcrowdなんですね−。
日本ではCampfireというサイトがよく知られていますが、他にもどんどん出てきているみたいです。ほら。
http://goo.gl/0D6nw

とかく公共団体からの協賛金に頼りがちな舞台芸術も、こういったアイデアを利用すれば、作品運営の仕方の可能性が広がってくるのではないでしょうか。
ただしアイデアを公開しなければならないので、アメリカなんかだとコピーされるという意見もあるようですが。
いづれにせよこれまでのお金の流れを変える現象ですよね。
タイガーマスクと称してランドセルを寄付する現象などもひとつのクラウドファンディングかと思います。
ただ日本では仕組みをつくると本来の目的が失われその仕組み自体が目的化されることが多い性分なので、この先、この仕組みが波及して当たり前のものになったときにはまた違う問題が生じてくるのでしょうけどね。


53307/27 12:18 
大好きな夏がやってきました。誕生日の7/22に川崎にある両親の家の前の空き地でサンバ・フェスティバルがあるとのことで、その時間帯には家がうるさくていたくないから、どこかで一緒にご飯を食べてくれ、と言われて学芸大学駅近くの有機野菜のレストラン『みどりえ』を予約しました。ここは以前から行ってみたかったところ。久しぶりの両親と夕食。
店員さんから「玄米と胚芽米がお選びいただけますが、どうしましょうか?」と聞かれ、答えた父の言葉。
「シロメシだ、シロメシ! 玄米なんか食えるか!」
そう、戦争経験者にとって、玄米は茶色いメシ、だったんですね。
いい機会でしたので、少しだけ戦争中の徴用のことなどを聞きました。あともっと他にも親に聞いておきたいことを次の機会に聞いておきたいと思います。

53207/14 11:27 【月一】ビューポイントワークショップ
『Viewpoints/ビューポイント』ワークショップ参加者募集

これまで3回の体験を行い、今後は月に一回開催することになりました。
7月は22日、8月は26日に開催します。
参加希望の方はお名前と連絡先と参加日を ms.notone(at)gmail.com までお知らせ下さい。

ビューポイントは時間と空間に対する意識を訓練するメソッドの1つです。ダンサーの訓練法から発展したものを演出家アン・ボガート(SITI Company)が俳優用にさらに発展させました。内面心理を作ることで考えがちな「演技」を、身体の感覚全てを使って外から考えようというのがその概要です。

【日程】
7月22日(日) 13:00−16:45
8月26日(日) 13:00−16:45

【参加費】  
1回 800円    

【定員】15人程度

【参加対象】俳優、ダンサー、演出家、パフォーマー、振付家

【場所】 
下馬南地区会館
東京都世田谷区下馬6-41-6
[交通] 東横線学芸大学駅徒歩12分
http://www.city.setagaya.tokyo.jp/030/d00004118.html

駅改札を左側に出て、商店街をまっすぐ。途中にTSUTAYAなどがある、突き当たりの大通り(駒沢通り)の信号(六叉路になっている)をまっすぐ渡る。(道祖神と駐車場の間の道を入る)
そのまままっすぐ住宅街を歩き、300mほどいくと、西條クリニックがあり、その先の道を右に曲がり、そのまままっすぐ、駐車場の先の建物。

※「外の刺激/衝動に対して反応すること」「空間の中での身体の関係性」に焦点を当てながら、ビューポイントの基本的なエクササイズを体験していただきます。
参加者の方々と一緒に空間の中での身体の関係性を考える場を作りたいと思います。

ガイド役には、SITIカンパニーにてビューポイントをがっつり学んできたという青年団の近藤さんを迎え、日本ではまだ触れる機会の少ないビューポイントを参加者の皆さんと共に考えます。

※直前キャンセルが続く場合は、こちらからお断りする場合がございます。

53105/03 14:46 アルジャジーラ
アジアには国際的に認知されてる局がないから、日本のテレビ局のどこかが合併して、カタールのアルジャジーラみたいな局にならないのかな、最強だと思うのだけど。

そのうち中国かシンガポールあたりから生まれるのかな。

NHKEnglishとかでもいい。

その局が世界標準であればあるほど、日本のメディアもようやく変わっていくと思うのだけど。

53004/08 12:55参加者募集!『Viewpoints/ビューポイント』
↓以下に記載した、お勉強会!の対象は俳優・演出家ですが、ダンサー・振付家の方も是非ご参加くださいませ。

52904/08 12:50お勉強会!『Viewpoints/ビューポイント』
4/28(土)、29(日)に『Viewpoints/ビューポイント』お勉強会!を開催します。

ビューポイントとは、即興を使って時間と空間に対する意識を訓練するメソッドの1つです。
もともとは、ダンサーの訓練法から発展したものを演出家アン・ボガート(SITI Company)が俳優用にさらに発展させました。
内面心理を作ることで考えがちな「演技」を、身体の感覚全てを使って外から考えようというのがその概要です。

「外の刺激/衝動に対して反応すること」「空間の中での身体の関係性」に焦点を当てながら、1日目はビューポイントの様々なエクササイズを体験し、2日目はエクササイズと簡単な創作を試みる予定です。

講師vs受講者という関係ではなく、参加者の方々と一緒に空間の中での身体の関係性を考える場を作りたいと思います。

ガイド役には、SITIカンパニーにてビューポイントをがっつり学んできたという青年団の近藤さんが担当、日本ではまだ触れる機会の少ないビューポイントを参加者の皆さんと共に考えます。

日本では今のところ『ビューポイント』に触れることのできるワークショップはほとんどありません。
是非この機会に触れてみてください。新しい発見がたくさんあると思います。

【日程】
4月28日(土) 18:00−21:45
4月29日(日) 13:00−16:45

【参加費】  
1日 1,000円    
2日間 1,500円 
(両日参加をお勧めします。途中参加退出応相談)

【定員】15人程度

【参加対象】俳優および演出家

【場所】 
4月28日(土) 
中目黒住区センター
目黒区中目黒二丁目10番13号 中目黒スクエア内 2階(第5・第6会議室)
最寄り駅;東急東横線・東京メトロ日比谷線 中目黒駅から徒歩10分
http://p.tl/1xwA  中目黒の改札を出て山手通りを右へまっすぐ10分ほどいった左側。

4月29日(日)
経堂南地区会館 
世田谷区経堂5-21-6 (大会議室)
最寄り駅;小田急線千歳船橋駅から徒歩10分
http://www.city.setagaya.tokyo.jp/030/d00004116.html

【ガイド役】 
近藤強(青年団所属。映画美学校演技講師。12年間ニューヨークで活動中にSITIカンパニーでビューポイントを学ぶ。2007年帰国し青年団に参加。「革命日記」「冒険王」(作・演出/平田オリザ)、「デッド・キャト・バウンス」(作・演出/クリス・コンデック)、「歓待」(監督深田晃司)等に出演)


52804/07 14:59 デモに参加しない
デモをして手に入れたいものは何なのか。それを出来るだけ具体的に考えれば、デモのやり方も違ってくるだろうに、と思う。

ここ1年日本で行われていた反原発のデモをはじめ、週1のように行われる韓国大使館前でのデモなどは、それ自体が目的となってしまっている。桜の花見見物に集まる人となんら変わらない。デモとは、手に入れたいものを手に入れるための手段のはずなのに。

どういう状況、どういう自分を手にしたいのか。
たぶん、そこが具体的に明確になっていないようにしか思えない。そこをまずは明確にするために、じっくり考えることから始めることが先決ではなかろうか。

せっかちな自分への自戒の念も込めて。

そしてそれを明確にするためには、フォーラムシアターようなやり方でできると思うので、そのやり方をしてワークショップなどをできる機会を今探っているところ。

52703/27 12:52 演ずるということ
ジャン・ルーシュのドキュメンタリー「狂気の主人たち」は、ガーナで行われていたトランス儀礼の映像。ガーナが独立する以前の、ゴールドコーストだったころの儀礼だそうですが。

この儀礼のなかで、参加者全員がトランス状態になり、その状態でお芝居をはじめてます。
彼らがそこで演じるキャラクターは、土着の神様とかあるいは、悪魔的な何かを演じているのかな、と思いきや…当時この彼らの土地を植民地として支配していた、支配者の白人の姿を演じてます。抑圧されている彼らが抑圧者を演じる。そのことで、なにを求めてたんでしょう。
現代でも研修などのロール・プレイとかでよくやるのは、相手の立場を理解する、とかはよくありますけど、これは抑圧をもっと別の意識下でどうにかしようとするための誰にみせるためでもないトランス演劇だったように思います。演ずるとはどういうことなのか?
つくづく、演ずることの意味を問われているように感じます。

http://www.youtube.com/watch?v=YG63DlGSX98  (ダイジェスト版)
http://www.nicovideo.jp/watch/sm8516343


52603/02 15:25 サムライ
ツイッターとかネットで、個人的に苦しいことを苦しいこととしてつぶやいちゃだめって空気、ありますよね?そんな苦しい自分をあざ笑うようなつぶやきは有り、だけど。
それ、海外ではどうなんだろう。
日本だけなんじゃないのかな?苦しいことを苦しいってストレートにつぶやいてる人を、イタイ、とかいう空気、って。
そういうのって、代々続いてきた日本教の精神性だと思えてくるんですよ。
苦しみ悲しみの感情はあらわにしない、あらわにするってどうよ、って感じる空気がある。
津波で家が流されても、それほどの苦難を口にせず、気持ちのスイッチを切り替えてく。
どんなに親の世代と考えが変わっても、生活スタイルが変わっても、そこんとこはきっとこの先もずっと、変わらないんだなぁと思うよ。
やだなー、それサムライ?

52502/15 12:08 つれづれ。

たとえ話がたとえじゃなくて本当の話で、本当の話の方がたとえ話でってつくり話を考えようとしてるんだけど、頭がこんがらがった。
単純な話、たとえ話の上手な人になりたい。
たとえ話の上手な人が一番尊敬できるし、たとえ話の上手な人は、小説家にだってなれるし、学校の先生にも政治家にも画家にもなれると思う。
高校のとき大好きだった数学の先生はいつでも難しい数学をりんごとみかんで説明してくれた。りんごとみかんを言い間違えてりかんとみんご、とか言ってしまったりしてほんと、素敵だった。どうしてるかなー。
たとえ話と妄想は間違えないようにしないとな。自分がたとえ話のつもりでも他人には妄想だと勘違いされることが多かったからな、いままで。
本人は大げさな話をしているつもりでも、それは大げさじゃなくて、明かな嘘だよって人もいるな。私じゃないよこれは。
しかし私小説なんてのは、妄想も大げさな話もたとえ話も嘘も全部ひっくるまっててそれでいいわけなのだから、そうだ、そうすると最近は普段の生活がみんな私小説生活みたいになってきてしまっちゃないか。

52402/12 12:18 アナザーOS
高橋源一郎言うところの、小説のOSが変わったと言わしめた作家たちは、それこそ五反田団の前田司郎さんやチェルフィッチュの岡田利規さんだったりして、
彼らは演劇というカタチから、新しいOSを見いだしていっているわけで。
じゃどんなOSなのかというとかつては、東浩樹言うところの‘日本をネイションとして立て直そうとしてなんとか主体性を作り上げようという努力の元に表現されていた’ ものが、いまや、‘無主体でぐだぐだな感性それこそが日本最大のオリジナルだという現実’、
その現実を前田さんや岡田さんたちはそのまま演劇作品として表現していて「クール」だ、ということになる。

とすると。では、課題や問題意識を露呈して主体を立て直すような表現なんて、もう、単なる幻想としてしか受け入れられないのではないか。単なる郷愁としての表現でしかないのではないの?
うーん。この二つのOSについてどう折り合いをつけて作品に向き合っていくのかはっきりさせねばと歯がゆさを感じると同時に、二つのOSを使い分け、もひとつ別のOSを完成させてみたい欲求もあったりする。


52301/30 17:46 買うという行為が変容していくこと
With a new sense of hope!
http://www.swap-o-matic.com/

自動販売機の形をしていながら、お手軽に物々交換できるシステム、寄付もできる。
そこに金銭は不要。
この手軽さ加減に何か希望さえ感じます。
そういえば地域通貨って思想としては残ったけど実用にはいたらなかったな。

52201/27 15:11 のれん。
昔、あるバラエティ番組で司会者が「こんな女はいやだと思う女」ってどんな女?の質問に、きむにぃがこう答えていた。

「のれんを、手を使わずにくぐる女。」

確かに。気をつけようと思う。
部屋にかけてあるのれんが汚くなったので買おうかな。
http://item.rakuten.co.jp/model-bon/let300107/

52101/23 16:18 岸田戯曲賞
3月5日に決まるらしいけれど、おそらく今年は藤田貴大さんがお取りになるのではないでしょうか。昨年観た『しおふる世界』の衝撃は、極論や奇をてらった演出などとは一線を画していて、脚本の力も演出にのみ込まれるように、俳優の言葉と身体が波のように打ち寄せては返し、打ち寄せては返し、を繰り返しているうちに宙に浮かんだ世界に連れて行かれているような、そんな感じ。戯曲の力のみならず演出力がすごい…ような気がするんだけれど、多分この戯曲賞はこのお方が取るのだろう。

52001/22 12:25 マイクロ・パトロン。
個人から少額で支援を募る、マイクロ・パトロン・プラットフォーム
http://camp-fire.jp/
こんなページがあったのかー。行政とかに支援を要請するやり方には少なからず限界を感じていたので、こういうのがもっと普及するといい。
ただ、いろんなジャンルのプロジェクトに支援が集まっているなか、こと演劇となると、ほとんど集まっていない。唯一35万円を集めているのが、コスプレでポールダンスして"東京ガールズ・ポップ"的な文化を海外に広めたいという団体。ひどいな。でも事実。

違うジャンルでは80万円近くの支援金を集めていたプロジェクトが、コワーキングスペース。
様々なジャンルのクリエイターが集まって場所を共有する。で、お互いのアイディアやビジネスも共有し、自分たちのプロジェクトを生み出していくという場所への支援。
http://co-ba.jp/about.html
こういう場所が都内にもどんどん増えてきているようです。私も借りようかな。かなり食指が動いてます。実際のところどうなのかなあ、今度1dayドロップインしてみよう。

とりあえず個人から支援を募るには、個人的なプロジェクトではダメということが顕著です。



51901/13 12:33 蔦谷書店、吉田喜重、ドグマ
蔦谷書店に行ってみた。壁一面、本に囲まれた広いフロアのカフェが居心地良さそう。さすがにコーヒー1杯900円。でも半日はねばれる。夜中の2時までやっているので夜、創作体勢に入らなくちゃならない日には使えそう。ま、そんときゃファミレスに行くだろうけど。レンタルDVDがたくさんありました。吉田喜重の『煉獄エロイカ』など数点を借りて観た。
『煉獄エロイカ』。絵でものがたることってどうゆうことなんだっけーって、すごーく考えました。なにか吉田喜重という人は、ラース・フォン・トリアー監督のドグマ95でいうところの映画制作の10個のルールと似たようなものがあってつくっているような気がした。ドグマ95とはまったく違うけれど。
制約的。それが宗教的な匂いすら感じた。
ちなみにドグマのルールはこれ。
1. 撮影はすべてロケーション撮影によること。スタジオのセット撮影を禁じる。
2. 映像と関係のないところで作られた音(効果音など)をのせてはならない。
3. カメラは必ず手持ちによること。
4. 映画はカラーであること。照明効果は禁止。
5. 光学合成やフィルターを禁止する。
6. 表面的なアクションは許されない(殺人、武器の使用などは起きてはならない)。
7. 時間的、地理的な乖離は許されない(回想シーンなどの禁止)。
8. ジャンル映画を禁止。
9. 最終的なフォーマットは35mmフィルムであること。
10. 監督の名前はスタッフロールなどにクレジットしてはいけない。

ラースの新作も楽しみだな。

51801/12 12:12 図書館
今村夏子さんの『こちらあみ子』などを読んで、清々しい読後感を感じるにつけ、こういう若い小説家の作品を図書館で借りるのはよくないな、本屋さんで買わないといけないな、などと思う。図書館で借りるのは古典文学だけにとしたいところだけれど、部屋の狭さを考えると、そう思うだけで終わっている。

51701/09 13:58 誠実な人
とても誠実な人に出会った。その人はどこを切り取ってもどの角度からみても誠の人であり、誠の金太郎飴いやへたすると誠実なロボットみたいな人である。
その人の前では嘘がつけなくなる。ものすごい才能だ。ある意味、僧侶のような存在である。些末な出来事に翻弄されて物事が見えなくなっているときに、再び拝ませてもらいたい。

51601/08 21:37 東浩紀『一般意志2.0』を読み『変形アフタヌーンティー』を省みた
東浩紀『一般意志2.0』を読了。序文にあるように、政治に熟議は必要ないという論理が読み物として面白かった。
序文には、こんな風に書かれている。

民主主義は熟議を前提とする。しかし日本人は熟議が下手だと言われる。だから日本では二大政党制もなにもかもが機能しない、民度が低い国だと言われる。けれども、かわりに日本人は「空気を読む」 ことに長けている。そして情報技術の扱いにも長けている。それならば、わたしたちは、もはや、自分たちに向かない熟議の理想を追い求めるのをやめて、むしろ「空気」を技術的に可視化し、合意形成の基礎に据えるような新しい民主主義を構想したほうがいいのではないか。そして、もしその構想への道すじがルソーによって二世紀半前に引かれていたのだとしたら、そのとき日本は、民主主義が定着しない未熟な国どころか、逆に、民主主義の理念の起源に戻り、あらためてその新しい実装を開発した先駆的な国家として世界から尊敬され注目されることになるのではないか。

昨年再演を重ねた公演台本『変形アフタヌーンティー』を執筆しているときに、頭の片隅でぼんやりとイメージしていたことがあった。
台本は、もちろん荒川修作の「リバーシブル・デスティニー(運命逆転、天命反転)」の論理を軸としているのではあるが、それに加え、シロアリの集合無意識からなる社会構造を動物学者・メーテルリンクの本を参照しつつ、ツイッターの実況中継というシーンも流れに組み込んでいた。それはおそらく、ツイッター=可視化されたネットのデータベース=大衆の欲望の記録が、表で熟議され近代を成した社会構造の裏で、まるでシロアリが家を食い尽くしてしまうかのように、民主主義構造を打ち崩していき、表も裏もなくなっていく、といったイメージの筋立てであった。『民主主義2.0』のごとく、新しい共同体、運命2.0のカタチを夢見た作品だったなぁと省みた。


51501/06 12:08 のほほ〜ん
マームとジプシーの公演チケットを購入しようとしたら、この公演はTPAMの参加作品だったためTPAMに、のほほ〜んと問い合わせをしてみたところ、TPAMディレクターの佐藤さんから「平松さん、キャリアのあるアーティストはもっとTPAMに主役で参加してください」との言葉をぐさりと。いただきました。そうかぁキャリアのあるアーティストだったのか!オレ。
昨年参加したTPAMでは他のショーケースにほとんど足を運べなかったわけですが、今年はじっくりと観に行けそう。
http://www.tpam.or.jp/2012/j/
どのフェスティバル・ディレクターは試行錯誤しているようではあるけれど、たいていのフェスティバルでは参加者は他の作品を見れないし交流さえはかれない。ミュージックフェスとかだと対バン同士交流できているような感じがするのだけれど。

51401/04 13:03 ヨコハマたそがれ
久しぶりに父と横浜を歩き昭和初期の横浜の話をきいた。しかし横浜の昔しか知らない父にとって今の横浜は迷路のようで、みなとみらい線など使おうものなら道に迷い大桟橋へも辿り着かない。
強風を避けて入ったホテル・ニュー・グランドのカフェ。ここのコーヒーは700円でおかわり自由。ダグラス・マッカーサーもここのコーヒーを飲んだのか。「この建物は自分たちが使うから爆撃落とさなかったんだ」とぼそり。

51301/03 12:42 2012新年
月日が経つのは早いものですでに1月3日になってしまい、年末に片づけたはずの部屋がすでに散らかっている。去年は初詣に行かなかったけれども、素敵な人にたくさん出会ったので、今年も行かないほうがいいのだろうか。
とりあえず今部屋に燦々と太陽が照りつけていて気分がいいのです。昨年の私の中のベストワン作品・藤田貴大さんの『塩ふる世界。』が今年2月再演されるそうなのでチケット買わなくては。
あ、このページに昨秋の公演写真を数枚貼り付けました。
http://www.facebook.com/media/set/?set=a.10150551254361019.434534.558151018&type=1


51212/28 11:17 イタいという形容の境界
よく、自分本位の表現を指して「イタい」という形容をするわけですが、このイタいという形容の境界線を知りたくて、あらゆる人やものに使ってみるところを想像してみました。
(ダンスをみながら)「このダンサーイタいねー」とか、(ある歌手の歌をききながら)「この歌イタいわ」とか、(本を読みながら)「この作家イタたたた」とか、(コントをみながら)「この漫才師イタすぎ」などの他にたとえば、(チョコレートを食べながら)「このチョコイター」とか、(コートをはおりながら)「このコートなんかイタい」、といったところでやっぱり、"他人のためにつくられたもの"に、イタいという表現はあてはまらないというあたりまえのことに気がつき、つくづく、いったいだれのために作品を作り続けてきたかを自分に問うのでした。マル

51112/27 12:09 海外で買った携帯といえば
思い出すことがある。ルーマニアで購入した携帯がその後のヨーロッパの旅先で突然、表示言語が英語からキリル文字に変わってしまったことがあった。キリル文字といってもロシア語かもしれないしブルガリア語かもしれないしさっぱりわからない。表示言語を英語にしようといろいろと試してはみたけれど、結局変更することができずにどうしたものかと困りながら、しばらく発着信の機能のみ使っていた。出会う人出会う人に表示を見せて、この文字わかる?と聞いているうち、それがギリシア語であることだけは突き止めた。ギリシア語かぁ、困ったな…。
ロンドンのユースに1週間滞在することになって、チェックインすると、なかなかキレイな部屋。さまざまな国の旅人が集まるだだっ広いリビングルーム。みんなネットをしたりお茶を飲んだり本を読んだりしている。これだけいろんな国の人がいればギリシャ語使える人が一人くらいはいるだろうと思い、勇気を出してそのリビングルームにいる人達に大声で「Does anyone speak Greek?」 と何度か叫んでみた。すると手を挙げて近づいてくれた青い目の若い男子。携帯をみせて、英語に変えたいんだけど、というと、サクサクとものの数秒で英語にしてくれた。そのときの青い目の男子を見つめる私の黒い目はおそらくキラキラだったはず。サンキューマイ・グリーク・メン! 

51012/21 14:10 決意2012。
2011年。今年は2月にTPAMiYでの『Unsex Me Here?』からはじまり、三鷹天命反転住宅での『変形アフタヌーンティー』上演、トリエンナーレ期間中黄金町での『洋楽事始メ』+ライブ&レクチャー、そして六本木・新世界での『変形アフタヌーンティー』再演で終わり、こんな上演の進め方でいいのか悪いのかよくわからないままに、目まぐるしい毎日を過ごしていた。そんな中、さくじつシミが顔いっぱいに広がってしまう夢をみる。歳をとっていくんだなこうして。
化粧しなくちゃ。決意2012。

あとここの日記を毎日書く!ぜったい。
twitterやfacebookそして、いまだmixiを使用する人に向けた宣伝媒体として、SNSを使用していると、どうしても怠ってしまった、この平松日記 in 2011。しかも読み返したら今年はほぼ宣伝しかしていないではないか。いかん。日々更新。決意2012。

たいした決意じゃないなどちらも。

50912/05 14:05 変形アフタヌーンティー満員御礼☆
六本木・新世界での『変形アフタヌーンティー』は満員御礼で終了しました。ご来場くださったお客様に感謝です。
新世界はライブハウスですが、ステージと客席がきっちりとわかれているので、天命反転住宅でやるのとはまったく違う演出が必要でそれを4日間の稽古で再演に持って行かなければならなかったのです。続けて見てくださっているお客様にはそこが一番の見せ所となっていましたが、そこも含めて次回への布石が踏めた実感があります。
4日で持ってこれたのは、出演・制作チームのお蔭。今回もまたお世話になりました。
ある人から、再演続きだけどそろそろ新作書かないの?と言われてしまったので、考えます…。


50811/21 09:15 次回作。
平松の関わる次回作はパフォーマンス・トーク
『変形アフタヌーンティー』〜六本木・新世界にて。

脚本・演出 平松れい子
出演 久保田芳之・田中夢
衣装・コンセプト さとうみちよ
コンセプト 飯名尚人

12月3日、18:30開演です。

映画『死なない子供、荒川修作』DVD発売記念イベント
http://www.shinanai-kodomo.com/event.html
http://www.architectural-body.com/mitaka/news/archives/2011/11/dvd.html

〈参考〉荒川修作ってこんな人。
「日本人そんなに富士山が好きなら、東京にもつくればいい。杉並区全体にオリジナルより高い富士山をつくれば若い人たちはそっちのほうが好きになるよ」
http://p.tl/HcC6

50711/21 08:50 洋楽事始メご来場ありがとうございました。
9月の公開稽古から始まった『洋楽事始メ』が11/5で幕を閉じました。ご来場ありがとうございました!

[↓前の50件] [トップページへ戻る]